「座右の銘」を木に刻むことをお勧めするために、四字熟語を中心とした「刻語」の自作例を掲載しているサイトです。

座右の銘を刻む、四字熟語を主に制作しています。

   ホーム > 言葉と制作例 > 英語 English
      言葉と制作例 − 目次

        6. 英語

      Amazing Grace




Amazing grace how sweet the sound
That saved a wretch like me.
I once was lost but now am found,
Was blind but now I see.

アメージング・グレース 何と美しい響きであろうか/私のような者までも救ってくださる/道を踏み外しさまよっていた私を/神は救い上げてくださり/今まで見えなかった神の恵みを/今は見出すことができる

私は一度見失われた、しかし今また見出された(他力)。盲目であったが、今は見える(自力)。誰にもそう気付く時、気付かされる時がある。その気付きが浅いか深いか、また早いか遅いかの違いはあるが。


 

      Begin now.




Begin now. 今からはじめよう。

Begin where you are. ここからはじめよう。

安岡正篤
六十にして六十化す
人間は五十歳にもなればある程度人生の結論に達する。と同時に心のどこかに自ら恕す、肯定しようとする意志が働く。その時に「五十にして四十九年の非を知る」、今までの自己を一度否定することは、これは非常に難しい。
だが、過去の非を知り、自分が自分に結論を下すことは、新たにやり直すことであって、五十になってやり直し、六十になればなったでまた変化する。いくつになっても溌剌として維新してゆくことだ。

中村天風
本当の満足とは
心の本当の満足というのは、常にできるだけ自分の言葉や行いで、よろしいか、他人を喜ばせることを目的とする。ところが、それを何か他人の犠牲になる、そんな生活のように考える人もありゃしないかい。
とにかく、他人の喜ぶような言葉や行いを、人生の楽しみとするという尊い気分になって生きてごらん、今日から。

マザーテレサ
きのうは去りました。/あすはまだ来ていません。/わたしたちにはただ、今日があるのみ。/さあ、始めましょう。
 

        Follow your dream.






Follow your dream wherever it leads.
君の夢についていきなさい。それがどこに君を導こうと。



 

      Gold comes laced in rocks.   































Gold comes laced in rocks.
金は岩石の衣を着てあらわれる。
この後に、
So does the chance of a lifetime.
人生のチャンスもまた然りである。
と続く。    ノーマン・ビンセント・ピール
積極的な態度をとる。
1. 熱意を持つこと
2. 良い点を見ること
3. ベストを期待すること
4. 私は変えることができる、ことを学ぶこと
5. 信じること
Use positive attitude.
1. Be enthusiastic
2. See the good
3. Expect the best
4. Learn that "I can make the difference."
5. Believe !
by Norman V. Peale

中村天風
苦しむこと
一体現代の多くの人は、人間というものが苦しむことによって偉大になり、同時に苦しむことによって尊いものを認知し、尊いものを知り得てはじめて真に尊くなり得るのであるということを、知らないようである。
しかもそれが求めることより願い続けることから作為されるということを・・・。

幸福は苦悩から生れる
人生の幸福というものを安易な世界に求めてはいけない。言い換えれ無事平穏を幸福の目標としないということである。
本当の幸福は、多くの人が忌み嫌う苦悩というものの中にある。すなわち、その苦悩をたのしみに振り替えるところにあるのである。
苦悩をたのしみに振り替えるというのは、健康や運命の中に存在する苦悩を乗り越えて突き抜ける強さを心にもたせるということである。

不幸は幸福を招く原動力
不幸に直面したら、まずその不幸に際しても、なおかつ生命を失わずに現実に活きていられることを感謝することに心を振り向けるべきである。
するとそうした心がけそれ自体が、幸福を招いて来る原動力となるのである。
 

      Indomitable Spirit




Indomitable Spirit : 不屈の精神
意味 : 諦めずにやり通そうとする心意気
同義語 : 根気・根性・粘り・諦めない心・不撓不屈
Indomitableは [形]((形式))〈人・誇り・勇気などが〉くじけない,不屈の という意味。

毎日新聞 2011年3月13日
東日本大震災を受け、米紙ウォールストリート・ジャーナルは12日、「不屈の日本」と題する社説を掲載した。社説は地震大国日本の技術力と「備え」をたたえ、「日本は経済が低迷し、政治家の失態に国民の大部分は当惑しているが間違ってはいけない。日本の産業力は依然として偉大だ」と述べた。
社説は「1億2600万人以上が住む島国が、(大規模)地震にいかに持ちこたえたかについて言及せざるを得ない」としたうえで、日本が100年以上にわたり「建物の耐震化をしてきた」と指摘。「今回の地震で高いビルは持ちこたえたようだ」と分析した。
(中略)「我慢」という日本語を引き合いに「日本人の忍耐力や冷静さ、秩序は実に高潔だった」と説明し、「今後、それらが示されるだろう」と期待を寄せた。
 

      If there is no wind, row.




If there is no wind, row.
もし風が来ないなら、漕ぎなさい。
小舟に乗って帆に風を受けて帆走したいのに、風が来ない。そういう時は自分の腕でオールをとって漕ぐしかない。漕げばよい。

どこから採った言葉か失念したが、かなり心に響いた。「随所作主」と同じく、自助努力の大切さを刻んだもの。逆境を人のせいにするのは時間のムダである。自分の腕、自分の足で先に進むしかない。


      No Target, No Life.




No target, No Life.
目標の無いところに、立派な人生はない。

松下幸之助
健康法はなくても……
私は若い頃から病弱であったが、戦中戦後の無我夢中で働かざるを得ない時期を経て健康体になり、いまもまだ元気でいられる。健康法と言えるものは何もないといっていい私にとって、これは考えてみればまことにありがたいことだし、ほんとうに不思議なものだと思う。
しかし、これまでの歩みを振り返ってみると、私は、一つの仕事が成就すると、またすぐ次の仕事をと、たえず目標を持って努めてきた。いま静かに思うと、その繰り返しの中に張り合いがあり、そこにいわば死ぬに死ねないとでもいうか、一種の緊張感がみなぎっていた。そこに生きる張り合いを感じ、毎日を過ごしてきたように思うのである。

中村天風
生活目標
どんなことを生活目標とすべきかというと、曰く、「本心良心の満足を目標とする」ということ、すなわちこれである。言い換えれば「創造の生活」である。
これをわかりやすくようやくすれば、常に、「人の世のためになることをすること」ということを目標とする生活なのである。
その心がけを一層現実化するには、常に誠と愛の心とを以て、そして、この生活目標を以て行われる生活には、満たされない欲望や落胆や、失意的焦燥煩悶というものが絶対にない。
 

      Powerful, Vulnerable, Memento Mori






Powerful     命のエネルギーの最大化
Vulnerable    弱者の心に寄り添う
Memento mori  死を見据え大切に生きる

「がんの養生学」より 帯津三敬病院長 帯津良一
(前略)
ここで、そういう代替治療を進める医師はどんな資質を問われるか、それが問題になります。
西洋近代医学のように十分な客観性、再現性がありません。科学的に解明された部分が少ない癒しの世界の医療では、客観性、再現性はどうしても乏しくなります。これを扱う人たちが十分な資質を身に付けた上で、しかも精神的に充実していなければならない。これが大事なことです。私は臨床現場でこれを痛感しています。

人間の階層での医学、「ホリスティック医学」あるいは、「癒しの医学」と言ってもよいですが、これを遂行する人たちには、第一にパワーがなくてはいけない。相手の心身を引き上げていくようなきちんとしたパワーを、いつも身につけていなければならない。頭で考えた知識と手で覚えた技術だけで事足りる、というわけにいかないのです。
二番目に、バルネラブルという能力、態度が必要になします。「傷つきやすい」「弱々しい」と訳させてもらいますが、要するに相手と同じ高さに立って、相手の痛みを十分理解して、相手を引き上げなければいけない。上の方から引き上げていたのでは腰が入りませんから、パワーが発揮できません。だから、一たん患者のおかれた状況と同じ一番下までおりる。この弱々しさと、一方で力強さを兼ね備えた人が、医療者に必要な資質だというわけです。
そしてもう一つは、メメント・モリ、「常に自身の死を思え」ということです。
本当の力強さと弱々しさを身につけるためには、やはり自分の死から目をそむけてはいられない。「自分の死のことなんか考えたことがない」という人では、医療者は困るわけで、自分の死を折に触れて考えて、そして、自分の死の意味を常に追求している、という日常があって、初めて良い医療者が生まれると思います。
ですから、「パワフル」、「バルネラブル」、「メメント・モリ」の頭文字を取って、私は「PVM」と言っています。PVMを医療者が果たして行けば、これはその医療者にとっても、一つの優れた養生になると思います。結局、癒しの世界では、治療も養生のうちなのです。
養生とは、「命を正しく養うこと」です。命を正しく養うということは、病後の回復を早めたり、天寿を全うするだけではなくて、優れた人生を生きるという、もっと積極的な意味があると思います。
(後略)

---------------------------------------------------------
メメント・モリ(Memento mori)は、ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句。日本語では「死を想え」「死を忘れるな」などと訳される。「自分は死に向かって日々進んでいるものである」ということを人々に思い起こさせるために使われた。
古代「メメント・モリ」の趣旨は「今を楽しめ」ということで、「食べ、飲め、そして陽気になろう。我々は明日死ぬから」というアドバイスであった。
その後のキリスト教世界で違った意味を持つようになった。魂の救済が重要視されることにより、死が意識の前面に出てきたため、徳化された意味合いで使われるようになった。キリスト教徒にとっては、死への思いは現世の楽しみ・贅沢・功名が空虚でむなしいものであることを強調するものであり、来世に思いをはせる誘引となった。

---------------------------------------------------------
1. あなたの命があと30日と宣告されたら、何をしますか ?
2. あなたの命があと3年と宣告されたら、何をしますか ?
上の答は恐らく微妙に違うでしょうが、その違いが何故かを突き詰めると、何がしたいのか掘り下げることができると思います。
---------------------------------------------------------
坂村真民
生きる日のために
生きる日のために死をふまえて生きてゆく、それだから生きるいのちがうまれてくるのだ。
いつも死を裏側に持っているために生が躍動してくるのだ。
それをはっきりと知らなくてはならぬ。
 

      Stay hungry, Stay foolish.








Stay hungry, stay foolish. (ハングリーであれ、愚かであれ。)
Steve Jobsの言葉
------------------------------------------------------------
1964(昭和39)年3月28日安田講堂で行われた東大卒業式での大河内一男東大総長の卒業生への訓辞「肥った豚であるより、痩せたソクラテスたれ」が有名だ。1960年の安保騒動が終焉し、池田内閣の所得倍増論がもて囃される中、産学共同が叫ばれて卒業後の就職も見取り選り取りの時代だったが、その風潮への警鐘だったかも知れない。人は空腹の時に食物を求めて真剣に考える。空腹は否応なく、人を行動に駆り立て、そして結果を出させる。
「愚直」、「愚公移山」など、愚かさを評価する考えは東洋の思想に相通じるものがある。最先端をいくアップル社リーダーも愚かさの裏に有る、執着心とか情熱、あるいは一念・純情をビジネスにおいても価値あるものとして認め、愛したものと思われる。愚者の一念天をも穿つ、という。下手に頭がよいと将来の困難が見えすぎて冒険もしないで、適当にお茶を濁して楽をしようと考える。挑戦の風土がなくなることを恐れた。

 

       We shall overcome someday.





勝利を我らに。いつの日か我々は困難を克服する。米国公民権運動の中で歌われた歌。ジョーン・バエズが有名。

 We shall overcome, we shall overcome
 We shall overcome someday
 Oh deep in my heart, I do believe
 That we shall overcome someday

I Have a Dream.  Dr.Martin Luther King Jr.
私には夢がある。いつの日かジョージア州の赤土の丘の上で、
かつての奴隷の子孫たちとかつての奴隷主の子孫たちとが
共に兄弟愛のテーブルに着くことができるようになるだろう。
私には夢がある。いつの日か私の幼い四人の子どもたちが、
彼らの肌の色によって評価されるのではなく
彼らの人格の深さによって評価される国に住めるようになるだろう。
私にはそんな夢があるのだ!
 

      Resilience




Resilience
強靭化
藤井聡教授の説 国土強靭化



 

       Knock, and it will be opened to you.




Knock, and it will be opened to you.
『求めよ、さらば与えられん。
 尋ねよ、さらば見出さん。
 門を叩け、さらば開かれん』
新訳聖書「マタイによる福音書」より

幸せのヒント 「求めているか?」
  自分は何を求めているのだろうか?
  求めて実際に行動しただろうか?
  得られるようにちゃんと努力しているだろうか?
  求めなければ得られないものがたくさんあります。
  何もしないで得られるものは少ないでしょうし、
  得られたとしても喜びは小さいのではないでしょうか。
  自分が求めているものを、努力して手に入れた時の幸せは
  大きいものです。

森信三
そもそも世の中のことというものは、真実に心に願うことは、もしそれが単なる私心に基づくものでない以上、必ずやいつかは、何らかの形で成就せられるものであります。このことは、これを信ずる人には、必然の真理として実現するでしょうし、これを信じない者には、単に一片の空言として終るのです。

後藤静香
門のとびら
いかなる鉄門も必ず開く/いかなる難関も必ず通り抜けられる/開かないのは/確信が足りないからだ/たたきようが弱いからだ/一度たたいて開かずとも/二度たたけ/三度たたけ/五度たたけ/赤誠のこぶしで叩きに叩け/門のとびらは必ずひらく

吉田松陰
●一月にして能くせずんば、則ち両月にして之を為さん。両月にして能くせずんば、則ち百日にして之を為さん。之を為して成らずんば已めざるなり。
■(一旦立てた志というもの)一ヶ月でできなければ、二ヶ月かけても、これを成し遂げたい。二ヶ月でもできなければ、百日かけてもこれを成し遂げたい。いくらやってもできなければ、できるまで絶対にやめない。
 


Copyright(C) 2011 Couragingword. All Rights Reserved.